正しいドックフード選び

ドックフードをよく知ろう

最近はペットと暮らす人も増えてきていますね。

犬の主食はドッグフードです。
その名の通り犬のために作られた食べ物です。

ドッグフードといっても、カリカリの固形タイプや、半生タイプ、缶詰など種類もいくつかあります。
またメーカーが違えば、配合している成分や使用している原料も全くちがいます。
中には犬種ごとに作られたものもあります。

犬を飼った以上は犬の健康管理や食事管理も全て、飼い主さんの責任であり義務になります。
ドッグフードはなんでもいいといわけではありません。
犬も人間と同じように個体差があります。

与えればなんでも食べる子もいれば、
甘やかして育てられた子は好き嫌いをしたり、贅沢になる傾向があります。
犬が喜んでくれればそれでいいと考える人もいますが、
本当に犬のことを思うなら犬にとって何が一番ベストなのかを考えたいところですね。

よくホームセンターなどで見かける、山積みにされた安いドッグフードがあります。
これが悪いというわけではありませんが、純血種の中にはこの手のドッグフードを与えると、アレルギーを起こす場合もあります。

これは犬の体質にもよるのですが、悪質なブリーダーのところで繁殖される犬は、
病気のことなど考えずに犬を売ることだけを目的にしているので、アレルギーなどもどんどん遺伝していきます。
ですから犬によっては、人よりも食事に注意しないといけないケースもあります。

アレルギーを持っている犬は、人間と同じようにアレルゲンが含まれるものは摂取できません。
アレルギー用の犬も安心して食べられる、良質なドッグフードなどもあります。
当然質が良くなれば価格も高くなる傾向があります。
犬を飼った場合は、その犬にふさわしいドッグフードを選んであげたいですね。

ドッグフードのパッケージには、必ず使用している成分を表示しています。
中には肉骨粉と表示されている成分もあります。
狂牛病問題があったため、今では規制されているので必ずしもこの限りではありませんが、
肉骨粉の正体は、脊髄・羽・骨・胃や腸などの内蔵も含まれています。

この中には病気や事故、引き取り手がないため処分された犬や猫も含まれていたといいます。
狂牛病問題が起こる以前は、当たり前のようにドッグフードに使用されていました。

よくわからない成分がある場合には、その正体を確かめることもドッグフードをよく知るということになります。
ページのトップへ戻る