正しいドックフード選び

安心安全なドックフード管理

犬と暮らすというのも、毎日なにかしらの発見があって楽しいものです。

安心安全なドックフード管理は、飼い主さんの義務ですね。
犬は自分でドッグフードを選べません。

ドッグフードも保管状態が悪ければ傷むことがあります。
犬の主食ですので、どうしても人間と違うと考えてしまいがちですが、
基本的な考え方は人間と全く同じです。

小型犬でもお徳用サイズの大きなパッケージのフードを選んでおけば、ドッグフード代も節約できますね。
でもきちんと封を締めておかないと、風味もとんでしまいますし、
雑菌が入り込みますので湿気の多い時期にはカビが映えることもあります。

最初はカリカリしていたフードも、保管方法が悪ければ最後の方は湿気ってしまうし、
風味も飛んでしまうので犬も食べたがらないことさえあります。
缶詰や半生タイプのドッグフードは、寒い時期は冷蔵庫に入れなくても大丈夫ですが、
気温の高い時期や梅雨時にはカビが生えたり、傷みも早くなるので冷蔵庫で保管しましょう。

大きい袋入りのお徳用サイズを選ぶ場合は、少し面倒ですがジップロックなどに小分けにしておく、
と最後まで風味も新鮮なままですし、カビが生えるようなこともありません。
袋のまま保管する場合は、室温や湿気にも注意してしっかりと口を閉じておきましょう。

少し値段は高くつきますが、ちょうど1ヶ月くらいで食べきれるサイズにしておけば、
よほどずさんな管理をしない限り最後まで衛生的に食べさせることができます。
正しいドッグフードの選び方はこちらをご覧ください。

ドッグフードの袋のサイズに合わせて、そのまますっぽり入るプラスティックのケースもあります。
専用のケースに入れておけば、蓋がぴったりと閉まるので、
パッケージの口を何かで止めておけば後は蓋をしっかり締めれば良い状態で保管できます。
犬も傷んだものを与えれば、体調を崩すこともありますし、嘔吐や下痢で体力を消耗させてしまいます。

犬の食事管理も飼い主さんの役目です。
可愛い家族の一員のために、安心安全なドックフード管理を目指しましょう。
ドッグフード評判.bizについては、このサイトが詳しいです。
ページのトップへ戻る