正しいドックフード選び

食後すぐの運動はOK?

犬は人間の言葉をある程度までは理解する能力を持っていますが、人間のように言葉を話せません。
自分の意思を伝える手段は、吠えるかボディランゲージになります。

犬の生活は飼い主さんのライフスタイルによっても大きく変わってきます。
犬種によってもいろいろな特徴がありますが、
比較的丈夫と言われている犬種でもデリケートな部分はありますので、無茶はできません。

飼い主さんの都合で、散歩に行く時間が食後になっているということはありませんか?
例えば人間で考えてみましょう。
食後すぐに運動をしたらどうなりますか?
大抵の場合は横っ腹が痛くなるか、ひどい場合は嘔吐してしまうこともありますね。
犬もこれと全く同じです。

食後すぐの運動はOK?と悩んだ場合、答えは「NO」です。
人間よりは食べ物を消化する時間は少し早くなりますが、
完全に消化するには犬種によっても違いますがどんなに早くても数時間はかかります。

犬だからなんでも大丈夫というわけではありません。
子犬の場合は食事の時間も、遊びの時間もほとんど同じなので食後すぐに走り回ってしまうことがありますね。
見ている分にはとても無邪気で可愛いものですが、この場合ほとんどが食べたものを戻してしまうでしょう。
人間の場合でも嘔吐するというのは、体力を消耗します。
犬も同じで毎食後すぐに運動をして、嘔吐を繰り返せば健康上もよくありません。

食後の運動は消化する時間も考えて、最低でも30分~1時間後が理想です。
ライフスタイルでこれが難しい場合は、散歩を先に済ませてから食事を与えるのがいいですね。
犬種や年齢・体型によって異なりますが、一回にあげるドッグフードの量の目安表がこちらにあります。
いつもあげているドッグフードのパッケージにも記載されているのでそちらを参考にしていただくことも可能です。

排泄などの問題もありますが、犬でも食後すぐの運動は胃に負担がかかりますのでおすすめできません。
嘔吐しないから大丈夫と思っていても場合によっては、胃捻転や腸捻転を起こすこともあります。
犬だからといって軽視できません。
こういうところは基本的に、人間と同じように考えるとわかりやすいですね。

犬はどうしても飼い主さんの生活に合わせなければいけないので、
少しだけ犬のことも考えて出来るだけベストな方法を実践してください。
こちらのサイトでは、ドッグフード選びの注意点について記載しています。とても参考になりますので、読んでみてください。
ページのトップへ戻る