正しいドックフード選び

ドックフードの賞味期限について

犬のドッグフードを管理する場合は、ドックフードの賞味期限についても注意が必要です。

どのメーカーでも必ずドッグフードのパッケージには賞味期限が記載されています。
しかしこの賞味期限は、未開封の状態でということを前提にしています。

ドッグフードの種類にもよりますが、中には防腐剤を使用しているものもあるので、
この場合は開封後は防腐剤の効果もあるので多少は持ちます。

最近は犬の食事の安全性を考えて、無添加のドッグフードを選ぶ飼い主さんも増えていますね。
この場合は防腐剤が使用されていないため、開封後は出来るだけ早く食べきるようにと注意書きがあります。
季節にもよりますが保管も冷蔵庫か、暗所や風通しのいいところに限定されます。
ドッグフードの開封後は出来るだけ早く食べきるのがいいですね。

ドッグフードを選ぶときには、賞味期限もしっかりと確認して出来るだけ日付の新しいものを選ぶのがおすすめです。
中には製造年月日は記載されているのに、賞味期限が記載されていないものもあります。
この場合はメーカーに問い合わせるか、出来るだけ明確に記載されているものを選ぶといいでしょう。

ドッグフードも賞味期限切れになった場合、保存状態にもよりますが傷むことがあります。
傷んだものを食べれば、犬だって当然のように体調を崩しますので注意が必要です。

ショップに行ってドッグフードを選ぶときには、
お店を信用している場合にはほとんど賞味期限などを確認しないものです。
缶詰やレトルトの場合も、賞味期限は長く設定されていますが、
あくまでも未開封の状態を前提にしていますので、開封後は出来るだけ早く食べきるようにします。
購入するときの量も注意したいですね。

犬の大きさや頭数にもよりますが、大型犬や多頭飼いの場合はお徳用サイズの方がお得ですが、
小型犬の場合はお徳用サイズを買っても賞味期限までに食べきれないこともあります。
選ぶときには犬が食べきるペースなども考えて選びましょう。
ページのトップへ戻る