正しいドックフード選び

必要な栄養素とは

必要な栄養素というのは個体によって全くちがいます。
人間、犬、猫の場合はそれぞれに必要な栄養素が違ってきます。

昔は犬の食事といえば残飯でした。
人間にとっては健康に良いとされている食材でも、
犬にとっては毒になったり命取りになる食材もあります。

元々の体の作りがちがうので、当然のように必要な栄養素もその量もちがってきます。
昔の犬全てというわけではありませんが、
多くの場合残飯ばかり食べていると犬にとって必要な栄養を摂取できませんし、
栄養も偏るのでくる病になる犬もたくさんいました。

犬種によって違いもありますが、
基本的に犬と人間では必要な栄養素はほぼ同じですがその分量に違いがあります。
「タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン&ミネラル、水」
犬に必要な栄養素を見ると、ほとんど人間と同じですね。

しかし摂取量は全くちがいます。
さらに人間の食事には塩分や糖分も多めに含まれています。
ドッグフードにも多少の塩分や糖分が使用されていることもありますが、ほとんどは無味です。

実際にドッグフードを食べてみるとわかりますが、美味しそうな香りはしていても味はほとんどありません。
ですから人間用の味付けは、犬にとっては塩分や糖分の摂り過ぎということになってしまいます。

よく犬にも人間と同じ食事を与えているという飼い主さんがいますが、
犬の健康のことを考えると飼い主さんの自己満足にしか過ぎません。

犬には絶対に食べさせてはいけない食材もいくつかあります。
全てはここに紹介しきれませんが、代表的なものをあげると、
玉ねぎ、チョコレート、生の豚肉や鶏肉&魚介類、ナッツ類などです。
お腹を壊す程度の場合もあれば、摂取量が多ければ命を落とす可能性もあるので、
人間にとってはおしい食べ物も、犬には危険な食べ物となってしまいます。

最近のドッグフードは、犬に必要な栄養素や栄養バランスを考えた上質なものが増えてきているので、
出来るだけ犬の健康のことを考えて動物性栄養素の強いドッグフードを選んであげてください。
ページのトップへ戻る