正しいドックフード選び

もしドックフードを食べなくなったときは

昨日まで普通に食べていたのに、突然ドッグフードに見向きもせず食べないことがあります。

食欲というのは人間と同じで、健康のバロメーターになります。
もしドックフードを食べなくなったとき、考えられる可能性はいくつかありますが、
病気のサインである可能性もあります。

甘やかしてしまうと、自分の気に入らないものは食べないということもありますので、
ドッグフードに缶詰やお肉を混ぜていると、ドッグフードだけを与えても食べないこともあります。
夏の蒸し暑い時期には、犬も夏バテをしますので、一時的に食欲が落ちることもあります。

しかし突然、ドックフードを食べなくなったときは、
どこか具合が悪い可能性も高いので、出来るだけ早く動物病院に連れて行くのがオススメです。

犬の病気にもいろいろありますが、中にはかなり進行するまで症状が出ない病気もあります。
症状の中に食欲不振というのもありますし、場合によっては命を落とす危険な病気である可能性もあります。

どんなにご飯が大好きで食いしん坊な犬でも、
具合の悪い時には大好きなはずのご飯には見向きもしません。
無理に食べさせても吐き出してしまいますし、フードから顔を背けることさえあります。
一時的な食欲不振な場合もありますし、単なるわがままの可能性もありますが、
一応病院で検査をしてもらい原因を確かめておくほうが安心できますね。

中には家族の誰かが、禁止しているはずのおやつを大量に与えてしまい
、お腹いっぱいでご飯が食べられないというケースもあります。

犬の主食はドッグフードです。
ガムやジャーキーはあくまでもおやつなので、与えすぎはよくありませんし、
肥満の原因になるので与える量には注意しましょう。
おやつの方が美味しいので、おやつばかり与えているとドッグフードを食べなくなってしまうこともあります。

もしドックフードを食べなくなったときは、原因を確かめ適切な処置をすれば回復しますので、
それに比例して食欲も少しずつ戻っていきます。
愛犬に合ったドックフードについて解説しているサイトも、とても参考になります。
ページのトップへ戻る