正しいドックフード選び

歯垢予防に良いドックフード

犬も人間と同じように、子犬の頃から歯磨きの習慣をつけておくのが理想です。

毎食後ではなくてもいいので、1日に1回は犬の歯磨きタイムを作ります。
これは子犬の頃からの習慣にすることが大切なので、成犬になってからではなかなかうまくいきません。

犬の場合は人間のように甘いものを食べて虫歯になるということはほとんどありません。
でも、食べカスをそのままにしておくとやがて歯垢になり、歯石へと変化します。
歯石も人間と全く同じで、歯周病の原因になりますし、やがては骨を溶かし歯が抜けてしまいます。

犬はとても顎の力が強いので、1本でも歯が欠けてしまうと全体のバランスも崩れてくるので、
次々とほかの歯にも悪影響が及びます。

噛むことができなくなると、食欲旺盛な子はお構いなしに食べますが、
丸呑みすることになるので消化も悪く結果的に内臓にも負担をかけてしまいます。

歯周病になれば、口の中の衛生状態も悪くなるので健康上もいいことはありませんし、かなりの悪臭もします。
一旦歯石がつくと、歯磨きをしても取れないので、全身麻酔をして専用の機械で歯石を除去しなければいけません。
歯石を除去しても食生活が同じなら、再び歯石は付着しますので毎日の歯磨きが重要になります。

歯磨きの習慣をつけずに成犬になってしまった場合は、
歯垢予防効果のあるドッグフードもありますので、そういうものを食べさせるのもおすすめです。
それと併用して、歯石予防や歯磨き効果のあるおもちゃやおやつを与えるのも効果的です。

歯垢予防に良いドックフードというのは、
食物繊維が豊富に含まれているので噛むことで歯垢や歯石を少しずつ取ることができます。
また毎日食べることで、歯石や歯垢も付きにくくなります。
しかし完全に取れるわけではないので、これとは別にガムやおもちゃを使えば犬もストレスを感じることなく、歯石予防効果を得ることができます。

犬は自分で口腔ケアができませんので、これも飼い主さんの義務になります。
愛犬が健康で長生きできるよう、口腔ケアのことも考えてあげたいですね。
ページのトップへ戻る