正しいドックフード選び

カロリー調整に良いドックフード

今は昔と比べると犬に関する商品は数も増え、質も向上しています。

ドッグフードもその中の一つで、栄養バランスを考えたものや、
年齢に合わせたもの、アレルギーを持つ犬のために無添加のドッグフードなども沢山出ています。
犬によっては、カロリー調整が必要になることもあります。

肥満は犬にとっても、いろいろな病気を引き起こす原因になります。
犬ならフードを目の前にしたら、何も言わずに食べると思っている人も多いようですが、
中にはとても神経質で繊細で、食の細い子もいます。
こういう場合は栄養不足になることもあるので、
高カロリーで栄養価の高いものを少しでも多く食べさせてあげたいと考えます。

ドッグフードのパッケージには、必ず成分やカロリーが記載されています。
犬の年齢や犬種、体重によって1日に必要なカロリーも変わってきます。

しかし犬にも個体差があるので、同じ犬種でも痩せっぽちの子もいれば、
ちょっと太めでがっちりとした骨太の体型の子もいます。
犬種や体重で全て決めてしまうのも、個体差を考えたときあまりオススメできません。

要するに犬が健康であることが一番大切なのです。
毎日一緒に暮らしていれば、最近ちょっと太ったなとか、痩せたんじゃない?と気づきますね。
こういう時はドッグフードを見直す時期に来ているのかもしれません。

完全にドッグフードだけで、カロリー調整をするのが難しい場合もあります。
こういう場合は手作りのドッグフードを併用するのもいいですね。
100%手作りのドッグフードもいいのですが、どうしても栄養バランスが偏ってしまいます。

アレルギーのひどい犬の場合は仕方ありませんが、
特にアレルギーはなくカロリー調整だけを目的にしているのなら、
手作りのドッグフードを併用してカロリーを調節することができます。
こちらに脂肪を抑える必要がある成犬用フードというものが紹介されていますのでご覧ください。
犬が食べられないものは一切入れないことも大切ですが、
低カロリーにしたいなら野菜や鳥のささみなどを使えばヘルシーになります。
高カロリーにしたい場合は、パピー用のドッグフードを混ぜることもできます。

飼い主さんのアイデアで、上手にカロリー調整していきましょう。
ページのトップへ戻る