正しいドックフード選び

アレルギー症状に良いドックフード

犬の中にもアレルギーを持っている子は沢山います。

主に純血種に多いのですが、
ドッグフードのなかにアレルゲンが含まれる場合は常にアレルゲン症状に悩まされることになります。

アレルギーの原因にもいろいろありますが、
悪質で無責任なブリーダーは犬の病気のことなどお構いなしに繁殖させるので、
アレルギーを持っている親犬から生まれる子犬もまたアレルギーを持って生まれてきます。
アレルギーは遺伝しますし、中には代を追うごとにひどくなるケースもあります。
人間と同じようにアレルゲンを摂取し続ければ、どんどん症状もひどくなっていきます。

犬は我慢ができないので、体がかゆければ1日中でもかいてしまいます。
噛んだり引っ掻いたりすれば、皮膚も炎症を起こしますので症状も悪化します。
アレルギーを持っている犬の場合は、アレルゲンを断ち切ることが先決です。

現在ではドッグフードの種類も増えていますし、
無添加でアレルギー症状を起こしにくいカラダに優しいドッグフードなどもありますので、
まずはこういうものを試してみるのも一つの方法です。
しかしこれでもダメな場合もあります。

こういう時には飼い主さんがドッグフードを手作りするしかありません。
そのためにも犬のアレルゲンを確認しておくことが重要です。
少し費用はかかりますが、動物病院でアレルゲンを調べてもらうことができます。

手作りのドッグフードは、アレルゲンをカット出来るというメリットがあります。
しかしどうしても犬に必要な栄養素が上手に取れないため、栄養バランスが偏ってしまうというデメリットもあります。

この場合は足りない栄養素を、犬用のサプリメントで補うということもできます。
今は犬用のサプリメントも充実しているので、足りない栄養素を補うときにも便利です。

アレルギーの子は市販のおやつも食べられません。
おやつもアレルゲンを避けて、
犬用のクッキーなども手作りできますので飼い主さんの工夫次第でおやつだって楽しめます。
ページのトップへ戻る