正しいドックフード選び

ダイエット用フードとは

犬には個体差があるので、
同じ犬種、同じ両親犬から生まれた兄弟犬であっても、
体格が全く違う場合もあります。

犬には犬種ごとに理想体重がありますが、これはあくまでも目安です。
犬の図鑑に書いてある体重は、ドッグショーに出る犬を基準にしていますので、
必ずしもこの体重でなければいけないというものではありません。

人間だって同じです。
ちょっと太めの子もいれば、痩せっぽちの子もいます。
背が高い子もいれば、低い子もいますね。
犬もこれと全く同じなので、体重や体高ですべて判断するのは限界があります。

あくまでも目安として受け止め、個体差を優先しましょう。
犬が太りすぎかどうかを見極めるには、まず上から見下ろしてみましょう。

・ウエストに適度なくびれがあるかどうか?
・体を触った時に、背骨や肋骨を確認出来るかどうか?
これを基準にすれば、肥満かどうかを判断できます。

上から見たとき、くびれがなくしずく型のようにぽってりしていたらちょっと肥満気味かもしれません。
体を触っても脂肪が多くて、なかなか骨を確認できない場合も同じですね。
この逆でウエストのくびれがくっきりで、触らなくても骨が浮き出ているような場合は痩せすぎかもしれません。
痩せすぎの場合は食欲が出るように工夫しますが、カロリーや栄養バランスも考えます。

肥満の場合はダイエット用ドッグフードに切り替えるのも大切です。
ただしドッグフードのメーカーの中には、すべての商品にダイエットと名のつくものもあります。
この場合は体重を減らすとか、痩せることを目的とするダイエットとは少し意味合いが違い、
健康維持のためという意味になります。

肥満犬用のダイエットフードの場合は、低カロリーのものを選びます。
カロリーは低く抑えていますが、栄養バランスは考えて作られているので栄養不足になる心配はありません。
ただし成長期の犬の場合は必要な栄養素が不足するので、この場合は不向きです。

ダイエット用フードに切り替えても、おやつを沢山上げていれば意味がありません。
おやつは上げない方が理想的ですが、
どうしてもあげたい場合はおやつも低カロリーのものを選び与える回数も減らしましょう。

また、愛犬のダイエットサポートにダイエット効果が期待できるサプリメントをプラスしてみてはいかがですか?
ペット用サプリメントというものがあるのでそちらをあげてみることをおすすめします。

とくにダイエット中は健康状態が悪くなりがちなのでしっかり健康面もサポートしてくれながらダイエット効果が期待できるコエンザイムQ10がおすすめです。

ページのトップへ戻る