正しいドックフード選び

高齢犬用フードとは

犬も人間と同じように、年を重ねていくと老化現象が起きます。

犬種によっても体の大きさが違うので、年を取るスピードも若干違うものの、
5歳をすぎたら中高年と同じ時期に差し掛かっています。
7歳~8歳で高齢犬になるので、
子犬や若い犬と比べると多少、うちの犬も年をとったな~と感じることも多くなってきます。
中には全く年に見えず元気いっぱいの子もいますが、やはり体は徐々に衰えて行きます。

内蔵の機能も若いときに比べれば衰えてくるので、消化のいいドッグフードを選んであげたいですね。
きちんと歯磨きをしていれば、高齢犬になっても硬いものを噛めますが、中には噛む力も衰えていることがあります。

高齢犬用フードといっても、いろいろ種類はありますので、自分の犬にふさわしいと思うものを選んであげましょう。
種類は違っても消化が良く、カラダに負担をかけないという意味では同じです。

歯が抜け落ち噛む力も低下している場合は、半生タイプや缶詰が向いています。
歯に問題がない場合は、カリカリのフードでもOKですが消化のことを考えて高齢犬用フードに切り替えて行きましょう。

犬はとても活発というイメージがありますが、実は1日のうち殆どを寝て過ごします。
高齢犬になっても元気いっぱいに走り回っている子もいますが、やはり全体的に運動量も減ってきます。
そのため消費するエネルギーも沢山必要なくなるので、高齢犬に高カロリーのドッグフードは必要なくなってきます。
高齢犬用フードというのは、消化のことだけでなくカロリーの計算もして作られています。

冬は気温が下がるので、寝ているだけでもある程度のエネルギーを消耗します。
冬の時期には少し量を増やすか、手作りのトッピングをプラスしてリッチな食事にするのもオススメです。

季節に応じて犬の食欲も変わるので、状況に応じてドッグフードの量なども調節してあげてください。
どれを選べばいいかわからない場合は、今までと同じメーカーで高齢犬用のものを選ぶのが無難ですね。
ページのトップへ戻る