正しいドックフード選び

皮膚に良いドックフードとは

犬の主食はドッグフードです。

ドッグフードにもいろいろな種類がありますが、
配合されている成分や栄養素によっては、アレルギーの原因になるものもあります。
犬の体質にも個体差があるので、中には重度のアトピーの犬もいます。
普段は大丈夫だけど、添加物やアレルゲンを摂取すると、アレルギー症状が出ることもあります。

全てではありませんが、皮膚病の原因がドッグフードにあることも決して少なくありません。
一番の原因は質です。
栄養バランスも大切ですが、質の悪いフードを食べ続ければ、
元々健康だった子も何かしらの支障が出てくることもあります。
実際に長年皮膚病で悩んでいた犬が、ドッグフードを変えただけで症状が改善されることもあります。

皮膚に良いドックフードというのは、良質のタンパク質と脂質を使用しているものです。
質の悪いものを食べていると、どうしても皮膚自体も弱くなりますので、免疫力も低下してきます。
これが皮膚病の引き金になることも多いので、質には注意したいですね。

またドッグフードの多くが、トウモロコシや大豆を原料にしています。
配合量にもよりますが、犬はトウモロコシや大豆を消化しにくいので、胃に負担をかけてしまうことがあります。
内蔵系が弱るのも、皮膚病の原因になることがあるので、
消化のいい胃に負担をかけない原料を使用しているフードを選びたいですね。

人間が食べるのと同じ食肉を使ったものや、オーガニックにこだわった無添加のドッグフードなども多く出回っています。
原料には国産の野菜や肉のみをつかい、国内で生産している100%日本製のドッグフードもあります。
それぞれにこだわりを持って、原料も厳選して作っている分、価格は高めになります。

でも皮膚病で何度も病院通いをすることを考えたら、かえって安上がりな場合もあります。
一番大切なのは、犬の健康を考えることですね。
飼い主さんでも安心して口にできるような、安全なドッグフードを選んであげましょう。
ページのトップへ戻る