正しいドックフード選び

病気になったときのドックフード選び

様子がおかしくなった犬はすぐに獣医の診断を受けましょう。
それで病気と判断されてしまえば獣医の指示に従って、薬用療法と食事療法を受けさせるようにしましょう。

勿論ドッグフードも療法用に変えるようになるでしょう。
ペット専門店や通販などでも普通に買えますが、まずは獣医が勧めるドッグフードを買うようにしましょう。
だいたいはその獣医で売っていたりしますので、そのまま購入してください。

問題はそのドッグフードを食べない場合です。
元々、犬はすんなりとドッグフードを変えても食べたりしません。
特に病気で食欲のない場合ならなおさらです。
そういう時にはどうしたら食べるのか、どれぐらい食べさせればいいのかなど詳しく聞いておくようにしましょう。
家で食べているドッグフードを混ぜてはいけないのかなど、勝手なことはせずに獣医の指示に従ってください。

また病気によってドッグフードの種類は変わりますが、
獣医で用意されるドッグフードは病気の状態を悪化させないような栄養素を選んだものですので、
病気を治すのに必要なのは治療と薬と看護だということは人間と変わりません。
ですから必要な栄養と絶対に与えてはいけない栄養を聞き、
それにふさわしいドッグフードを与えるのは勿論ですが、
どうしても食べてくれないのならそれにふさわしいおやつやサプリメント、食事を手作りしても構いません。

例えば心臓の悪い犬には塩分の少ない療養食のドッグフード、
関節が傷んだ犬のためには骨を補助する成分が入った療養食のドッグフードなどといった風に、
それぞれの病気にあわせた成分が入っているものを選びましょう。
例え弱っていても、犬は嗅覚がとても優れているので、
好みの匂いで食欲がそそられるような療養食を探したり、作ったりしましょう。
また、普段から免疫力を向上させるドッグフードを与えていると、病気にかかりにくくなるのでおすすめです。

しかし本当に食べない時や嘔吐をする時には無理に食べさせることをしないでください。
食べることにもエネルギーが要ります。

獣医の判断を仰いでください。

ページのトップへ戻る