正しいドックフード選び

季節によって変わる健康管理

日本には四季があります。

人間ですら対策を講じて乗り切る季節に、犬も元気で過ごすため健康管理が必要でしょう。
では、季節ごとにどうやって健康管理をしたらいいのかを考えていきましょう。

春は季節の変わり目で、本格的な春になるまで寒さと暖かさが繰り返されます。
犬は、温度変化に弱く、体温調整も上手ではありませんので、健康を害する犬が出やすいものです。
昼と夜の温度差で体調を崩したり、風邪をひかないように、ブランケットなどでこまめに調整しましょう。
ノミやダニ、シラミによる皮膚疾患が起こりやすいのも春です。

冬を越えて夏毛に生え変わる換毛期なので、
ブラッシングをこまめにすることによって、ノミやダニが住み着きにくいようにしましょう。

夏は、日差しが強く気温が高くなるために、犬にとって一番苦手な季節です。
日射病や熱射病の危険性がありますので、外出するときはもちろん、
暑い室内で過ごす時にも常に目を配ってください。
散歩はアスファルトが熱されていない、早朝や夕方に行くのがいいでしょう。

梅雨時期はノミやダニが繁殖しやすくなりますし、食中毒にも気をつけるようにしてください。
また、フィラリアの感染源である蚊にも十分に注意しましょう。
夏バテにより、犬も食欲が落ちるので、消化のよい良質のたんぱく質を与えるようにしてください。

秋は、「食欲の秋」と言われている通りに、
犬にとっても食欲旺盛になり、食べすぎには十分気を付けなくてはなりません。
太るということもありますが、夏の間に弱っていた胃に負担がかからないようにするためです。
徐々に冬毛に生え変わりますから、春と同じくブランケットなどでこまめにしましょう。

また冬のウィルス性感染症対策として、ワクチンの予防接種を受ける時期にもあたります。
冬は、防寒対策が健康管理の重要なポイントになります。
寒さに犬ですが、あまりにも寒いととっては厳しいです。
特に、抵抗力の弱い小型の室内犬や老犬、子犬に犬にとっても風邪の季節ですから、
暖かい場所で過ごさせてあげることはとても大切です。
ドッグフードの保存方法についても参考にご覧ください。
ページのトップへ戻る